【なんで私が怒られないといけないの?】理不尽にぶち当たったときの対処法

考え事
会社にいると必ず理不尽に怒られることがあります。
そうした時、誰もが「なんで自分悪くないのに怒られないといけないの!?」と感じます。
本記事では、「上司に理不尽に怒られたときのイライラ解消法」についてお話します!

怒られるシチュエーション

どんな時に怒られるでしょうか?
▶任されていたシゴトが期限に間に合わなかったとき
▶上司と認識がずれていたとき
▶仕事の質が低かったとき
この他にもいろいろあると思います。
しかし、だいたい人が怒るタイミングというのは共通しております。
それは、
相手の行動が自分の期待値を上回らなかったとき
だと思っています。
わかりやすくするために数式で表現すると、
相手の行動<<<自分の期待値
となった場合です。
しかし、相手の期待値をコントロールすることは不可能です。
そこで、超自己流!ストレス解消法をお伝えします。

超自己流!ストレス対処法

ありがたいことだと思う

大人になってから大人を指摘や注意をするのはなかなか勇気がいるものです。
そんな中勇気を振り絞って怒ってくれたのかもしれません。
「自分のためにわざわざ怒ってくれたんだなぁ」と考えます。

自分に責任があるのかどうかを考える

「怒ってくれるのはありがt…、いやしかし今回の場合だと怒られるのは理不尽すぎる」という場面があると思います。
そんなときは怒られた原因を考えてみましょう。
そしてその原因は自分に責任があるのかどうかを考えましょう。
例えば「なんで日報を提出しなかったんだ」と怒られる場面を考えます。
この会社で日報の提出が義務付けられているのであれば、
上司が日報の提出を怠った新人を叱るのは当たり前のことです。
しかし、もし入社したての新人であればそんなルールは知らなくて当たり前です。
(共有されていない場合)
しかし、もし上司がそのルールは既に新人に伝わっているものだと認識していたら、
新人のよるミスだと勘違いするのは自然の理です。
こういった場合、怒られたとしてもこの新人に非はありません。
こういう場合は弁解するのも労力の無駄なので「あーすいません」と流し、
「まともな情報共有もできないのか」と心のうちで毒づきましょう。

本質をとらえる

    怒られたとき大切なのは、
人格を否定されたのではなく起きたことを否定されたと認識する」ことだと思います。
例えばさっきの例でいうと、
怒っている対象は「日報を提出しなかったという事実」であって、
「日報を提出しなかったあなたの人格」ではないということです。

まとめ

人と生活をするうえで必ずブチ当たる「理不尽」

サラリーマン社会では毎日のように「理不尽」にぶち当たります。

どのように対処するかを決めておくことは心の健康の維持にとって大切ですね。