TEPCOと東京ガスはどちらが安いのか検証してみた【都内独身男性の光熱費】

生活

TEPCO(東京電力エナジーパートナー)より電気ガスセット割の案内が自宅ポストへと届けられました。

これを機にこの1年間の光熱費の内訳を整理し、さらに安くするにはどうすればよいかを考えてみました。

1年間の光熱費

私は2018年4月(正確には3月末)より都内にて一人暮らしをはじめました。

検針票は捨てずに保管しておいたので、光熱費を整理してみました。

ステータスは以下です。

・都内一人暮らし独身男性

・電気:東京電力、ガス:東京ガス

こちらがリアルの数字です!

更にわかりやすくするためグラフにしました。

やはり冬場は光熱費が高くなるようです。

TEPCO(東京電力エナジーパートナー)でセットにするとどうなるのか?

7154円安くなるみたいです。

東京ガスでセットにするとどうなるのか?

1329円安くなるみたいです。

まとめ

このシミュレータに絶対的信頼を置くとすれば、

TEPCOでセットにするほうが安くなるみたいです。

 

解約料について電話で聞いたところ「特にかからない」とのことなので、

とりあえずTEPCOでセットを申し込もうと思ったのでした。