【Excel小技】VLOOKUP関数で大文字/小文字を区別するにはこれだけやればOK

仕事術

「VLOOKUP関数って大文字/小文字を区別しないの?」

そう思ったことはありませんか?

私もEXCELを利用しているときに同じ悩みを抱えましたことがありました。

EXCELで大文字・/小文字を区別する方法をお伝えします!

具体的なケース

EXCELで次のような表を作成してみました。

ここでは、次のようなケースを想定してみます。

【実現したいこと】
EXCELのVLOOKUP関数を用いて商品コードを打つと正しい商品名が表示させる
商品コードの大文字/小文字は区別されること)
ここでは関数をC6セルに入力することにします。
では、VLOOKUPの成功例と失敗例を押さえておきましょう。
【理想形】
「a001」と入力されたら「部品C」と表示される。

 

【よくある失敗例】
「a001」と入力されたら「部品A」と表示される。

 

さて、上記の要件を実現するには、

C6にどんな数式を入れれば良いのでしょうか?

【よくある失敗例】大文字/小文字を区別できていない

それでは、早速次の数式を入力してみます。

 

=VLOOKUP(C4,E4:F7,2,FALSE)

 

早速、この関数を入力してみます。

果たして、大文字と小文字は区別されるのでしょうか?

大文字と小文字がまったく区別されていません!

【成功例】INDEX関数を使用して大文字と小文字を区別する

今度は、次の数式を入力してみます。

=INDEX(F4:F7,MATCH(TRUE,EXACT(C4,E4:E7),0))

 

早速入力してみます。

そして、

Shift+Ctrl+Enterを同時に押してみます。

御覧ください。

正しく「部品C」と表示されました。

つまりは、大文字と小文字を識別することができました。

 

整理すると、EXCELで大文字と小文字を区別するための関数は次の通りです。

=INDEX(表示させたい範囲,MATCH(TRUE,EXACT(照合したいキーのセル,キーの範囲),0))

 

こちらを使用する際、数式を入力したあと

Enterだけではなく、

Shift+Ctrl+Enter

なのでお気をつけください。

 

これでEXCELのVLOOKUPで大文字と小文字を区別できるかと思います。

Excel 最強の教科書[完全版]–すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術 [ 藤井 直弥 ]

created by Rinker