就活生・サラリーマンを超絶鬱にさせる!【曲2選】

動画(映画・ドラマ含む)

今回、「学生・サラリーマンを最強に鬱にさせる曲2選」と題した記事を書いてみました。

しかし、あらかじめ伝えておくと私はこの2曲が超大好きです。

今回紹介する2曲は両方共世の中を冷静な視点からとんでもなく皮肉っています。

言い換えると、「誰もが思っているけど口に出せないおかしなこと」が表現されています。

1曲目の「就活狂想曲」は今から就活するという学生にぜひ聞いて頂きたい曲です。

※就活のやる気が無くなっても責任は取れません。

ちなみに私も就活の時にみていました。

 

2曲目は学生・サラリーマンともに聞いて欲しいです。

人によっては心がえぐられるかもしれません(笑)

では紹介していきます。

アニメーション「就活狂想曲」

大学生の日常から動画が始まります。

そして、友人に次々と変化が訪れます。

髪を黒くし、黒いスーツに身に纏いはじめます。

 

「就活」の始まりです。

 

ギャル風の主人公も無個性な就活生に変化します。

そして次々に訪れる「企業説明会」「グループディスカッション」・・・。

企業側は企業の良さを誇張し、媚を売る学生の姿が描かれています。

外見を取り繕い、企業の採用担当にだけ良い顔を見せる様が生々しく描かれています。

 

主人公はなんども携帯を確認しても「着信ナシ

そこで同じく内定が出ていない仲間と飲み騒ぎます。

しかし、仲間に次々と企業からの連絡が入ります。

ここで主人公は強い焦燥感に襲われます。

しかし、笑顔の鎧を装着し、次々と選考に繰り出します。

 

就活は順調に進み、いよいよ最終面接に進みました。

しかし、最後に画面に映る文字は

不採用

ここで、動画が終わる超絶バッドエンドです。

 

動画の内容は以上ですが、本当に日本の就活を生々しく描いているなあと感じます。

「果たしてなんのために働くのだろうか?」と思わされる動画です。



闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて

こちらの動画はぜひ社会人の方にみてもらいたいです。

 

サラリーマンの生活に潜む嫌な部分が痛烈な表現で描かれています。

こちらは動画も面白いのですが、歌詞をぜひ読んでもらいたいです。

 

ちなみにサビ部分の歌詞はこちら

寄っといで 巨大都市(デっかいまち)へ
戦場で夢を見たかい?
しんどいね 生存競争(いきていくの)は
酔いどれ 涙で夜が明ける
(中略)
さあ、おいでタフな野郎は
根性ねえ奴ぁ オサラバ
Night and Day この企業(ばしょ)で
闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて

私はこの歌詞を読むだけで心打たれた気分になります。

 

戦士(サラリーマン)の出世を賭けた競争という攻撃的な一面がある裏で、

家族を守っていかなくてはならないという親の顔も描かれています。

誰かを守るために戦い続ける

そんなメッセージが込められているのかなと感じました。

まとめ

今回紹介させていただいた2曲を見てどう感じるかは人それぞれです。

私は現実の冷酷さに絶望しつつも励まされるような不思議な気持ちになりました。