ビジネスで使うノートパソコンはThinkPad一択である3つの理由

仕事術

パソコンをヘビーユースするビジネスパーソンにとって、「どのパソコンを使えば良いのか?」という疑問は絶えません。

実際に調べてみても、色々なパソコンのスペックが記載されているだけで結局迷ってしまいます。

そこで、私はいままでの経験からLenovoが出している「ThinkPad」を激推しします。

その理由や、どんな人に向いているのかなどを書いていきます。

Lenovoが出しているパソコン「ThinkPad」とは?

まず、ThinkPadとはどんなパソコンなのでしょうか?

特徴はキーボード中央にある「赤ポチ」です。

見たことがあるという方もいるのではないでしょうか?

ThinkPadの詳しい説明は次のとおりです。

ThinkPad(シンクパッド)は、1992年にIBMによって開発・販売され、2005年以降はレノボによって開発・販売されているノートパソコンである。

そう、かの有名なIBM社が開発したパソコンなのです。

 

そして、本記事では迷ったらこのThinkPadを買うべきという理由を解説していきます。

そして、この記事を書こうと思った理由を最初に紹介します。

デキるビジネスパーソンはThinkPadを利用している?

今回この記事を書こうと思った理由…

それは、

できるビジネスマンはThinkPadを使っている

ということを発見したからです。

 

私は現在IT系のベンチャーに勤めています。

仕事柄、いろいろな方とお会いします。

例えば、

  • コンサルティングファーム出身の部長
  • 投資銀行出身のCFO
  • 有名IT業界勤務

などです。

 

彼らはみんなThinkPadを利用していました。

 

もちろん、ThinkPadがすべてではありませんが、私が知っている優秀なビジネスパーソンはThinkPad率が圧倒的に高かったのです。

 

それを見た私はもちろんThinkPadに変えました。

実際に使い始めると、その良さに気づきました。

では、ThinkPadはなにがそんなに良いのか解説します。

ThinkPadの良いところを紹介

まず、パソコンで悩んだらThinkPadを購入しておけば間違いないと思います。

それにはそれ相応の良さがあるからです。

その良いポイントを紹介していきます。

ThinkPadのいいところ①トラックポイントでマウスが不要

早速ですが、ThinkPadのキーボードを御覧ください。

なにか他のパソコンにはないものがありませんか?

そう、真ん中の赤いボタンです。

これを「トラックポイント」と呼びます。

実はこれはマウスカーソルと連動しています。

そのため、この赤いボタンを倒すとその倒した方向にカーソルが動きます。

 

一見、まるで便利には見えないかもしれません。

しかし、これは一度使うともうほかのパソコンには戻れない魔力を秘めています。

 

この「トラックポイント」のナニがいいのか?

それは「キーボードから手を離す必要がなくなること」です。

 

通常、カーソルを操作する際は「マウス」もしくは「トラックパッド」を触ると思います。

それも良いのですが、手をいちいちキーボードから離さなくてはなりません。

しかし、このトラックポイントがあると常に手をキーボードに固定できるのです。

 

ショートカットキーなどを使って作業している人からすると、目からウロコです。

 

ちなみにページのスクロールも簡単です。

真ん中のこのボタンを押しながらトラックポイントを操作すると、ページ内を移動することができます。

これによって、マウスが不要になります。

机の上を散らかさなくて済むのも良い点です。

 

さて、ThinkPadの真価を味わうためにはこのトラックポイントを使いこなす必要がありそうです。

次のことをマスターすると、仕事が早いビジネスパーソンになると同時にThinkPadを離すことができなくなるでしょう。

 

  • 基礎的な動作をショートカットキーで行う
  • トラックパッドの使用を禁止する

ThinkPadのいいところ②キーボードの打感が心地よい

またもや、キーボードの話になります。

ThinkPadのキーボードは打感が最高です。

 

ThinkPadのキーボードは指にフィットするような構造になっています。

若干真ん中が凹んでおり、とても打ちやすいのです。

 

私はもともとSurfaceというパソコンを使っていたのですが、この打感の良さは比べ物になりません…。

迷っている方はぜひ、一度使ってみてください。

ThinkPadのいいところ③本体の外観がかっこよい

これは人によって意見が分かれそうなところですが「外観」も高ポイントのひとつです。

私はThinkPadの外観に惹かれました。

無機質なブラックボディはまるで無駄を削いだようです。

その外観の通り、ThinkPadはあらゆることが効率化されています。

 

また、これは一部の人にあてはまることですが、ThinkPadを持っている人を見ると、

「わかってるな~」

「仕事できるのかな?」

と感じます。

ThinkPadは仕事ができるビジネスパーソンのシンボルと言っても過言ではないのです。