エニタイムフィットネスに再入会してわかった3つのメリットと2つのデメリット

筋トレ

一度は退会したエニタイムフィットネスに再度入会しました。

なぜ、一度辞めたエニタイムフィットネスにわざわざまたしても入会したのか?

そんな疑問と併せて、実際に再入会して知ったメリットやデメリットをお伝えできればと思います。

エニタイムフィットネスに再入会する3つのメリットとは?

私は2018年6月に、エニタイムフィットネスを退会しています。

その時の詳しい話はこちらの記事で語っているのでどうぞ御覧ください。

しかし、ふたたびエニタイムフィットネスの会員になることを決めました。

それには、以下の3つのメリットがあったからです。

エニタイムフィットネスに再入会する3つのメリット
1. 家トレよりも圧倒的に効率よくトレーニングができるから
2. ストレスの解消に効果的だから
3. モチベーションがアップするから

それでは、それぞれのメリットについて見ていきましょう。

エニタイムフィットネスに再入会するメリット①家トレよりも圧倒的に効率よくトレーニングができるから

エニタイムフィットネスを辞めてからは家でトレーニングをしていました。

家ではダンベルを利用した筋トレをしていました。

しかし、あることに気がつきました。

 

「せいぜい、ダンベルくらいしかできないじゃん。

バーベルを使った胸トレやスクワットもしたいなぁ。」

 

そう、6畳程度の狭いスペースだとやることも限られるということに気づいたのです。

また、バーベルや器具でトレーニングしたいとなるとどうしても家だと限界があるんですよね。

そして、気づいたら何もしなくなり、筋肉が削がれていきました・・・。

 

ダンベルのみの筋トレでは上腕二頭筋のトレーニングが主でした。

しかし、胸筋や大腿筋を鍛えたいとなると、やはりダンベルだけでは限界が訪れます。

バーベルを家に置くスペースもありませんし、なにより居住空間としての外観を崩すという問題もあります。

 

やはり、マシーンや器具を使って筋トレができるというのはジムに入るメリットの1つです。

これは一度退会したことによって痛感しました。

エニタイムフィットネスに再入会するメリット②ストレスの解消に効果的だから

2つ目のメリットとして「ストレスが解消されること」が挙げられます。

 

最近、私は夜にベッドに入ってもなかなか寝付けないという悩みを抱えていました。

「この悩みを抱えているのは自分だけなのだろうか?」と思い、周囲の人間に聞いてみると意外にも夜寝付けない人は多く存在していました。

これはなぜなのだろうと思い、調べていくと「ストレス」である可能性が高いことがわかりました。

 

私の当時の仕事はデスクワークでした。しかも、一日中パソコンとにらめっこするようなハードなデスクワークです。

それだけでもストレスなのに、新卒ということから上司に詰められ心は荒んでいました。

そう、生活の中に運動が一切存在していなかったのです。

 

そして、ストレスを解消すべく、ジムで運動するようになりました。

 

その後ジムに行きだしてから睡眠の質は劇的に変わりました。

 

エニタイムフィットネスを退会したあとは、なかなか寝付くことができず、夜0時を過ぎても布団の中で起きていることがしばしばありました。

しかし、ジムに行った日は22時過ぎには眠気が来ています。

このことから、しっかりと運動ができるとストレスの解消に効果的であることを痛感しました。

 

もちろん、他にストレスを解消する方法はあります。

しかし、ランニングマシンで走り続けたり、重いバーベルを挙げるなどでストレスを解消するにはジムに通うしかないのです。

精神な健康は健康な体に宿ることを知りました。

エニタイムフィットネスに再入会するメリット③モチベーションがアップするから

ジムに行くとモチベーションが高まります。

なぜか?

それは体を鍛えようとしている人を直接目の当たりにすることができるからです。

必死でトレーニングしている人たちを目の当たりにすると、「自分も頑張んないと!」と思わされます。

 

特にエニタイムフィットネスは顕著にその傾向があると思います。

 

地元の一般的なスポーツジムなどでは、ご高齢の方が運動をする目的で足を運んでいる印象があります。

しかし、エニタイムフィットネスではバキバキに体を鍛えようとしている人が多いように感じるのです。

 

一人でモチベーションを高めることは難しい反面、エニタイムフィットネスに通うと自動的にモチベーションがアップするというメリットもあることに気がつきました。

 

モチベーションはなにかをする上で大切です。

なぜなら嫌々何かを行うほど辛いことはないからです。

しかし、突然「モチベーションを上げろ!」と言われても、誰しもが難しいと思います。

 

例えば、勉強に興味がない子供にいくら「やる気を出せ」といっても難しいことはおわかりでしょう。

では、どうするか?

ハイレベルな塾に通わせ、勉強に勤しむ子供の群れに参加させてあげることです。

そうすると、競争心が働きモチベーションが勝手に上がります。(もちろん、例外はあります。)

 

筋トレも同じで、どの環境に属するかによってモチベーションが左右されるのです。

そして、モチベーションが高まった状態でなにかに打ち込むといい結果になります。

 

受験勉強であればより合格に近づくことが可能になりますし、

ジムに通うということであれば、体重を減らせたり筋肉を増やすことが可能になります。

エニタイムフィットネスに再入会する2つのデメリットとは?

2018年6月にエニタイムフィットネスに再入会してみてわかったデメリットが2つありました。
それは以下の通りです。

エニタイムフィットネスに再入会する2つのデメリット
1. 月謝(会費)が7000円かかる
2. キャンペーンの適用外となる
それでは、次に再入会することによるデメリットを確認していきます。

エニタイムフィットネスに再入会したときのデメリット①月謝(会費)が7000円かかる

あたりまえのことですが、エニタイムフィットネスに再加入するとお金がかかります。

そして、月会費が税込み7,560円なので、決して安い金額ではありません。

新卒で一人暮らしをしているといった状況である私にとっては、なおさら自由に使えるお金は限られているので、正直毎月7,560円の出費は厳しく感じました。

 

そのため、まずは自分はどのくらいのレベルの筋トレができれば良いのかを把握する必要があったのです。

もし、自宅で十分に筋トレできるレベルであれば、正直ジムにわざわざ通う必要はないと思います。

私は家で筋トレをしていたときには次のアイテムを利用していたので参考にしてみてください。

ヨガマット 厚さ 6mm TPE 高級 おすすめ 厚手 大判 ストラップ トレーニングマット エクササイズマット ヨガ ピラティス ゴムバンド 高密度 耐久 丈夫 軽量 滑り止め パープル ピンク ブルー ネイビー ブラック グリーン TOPLUS

created by Rinker

ヨガマットは腹筋や腕立てをするときに使います。

直の床の上で筋トレをすると体を痛めますが、ヨガマットがあるとより集中して筋トレに励むことができます。

残り在庫わずか!ANTARES ダンベル 5kg 2個セット バーベル にもなる 滑り止め加工 重さ調節可能 筋トレ トレーニング ダンベルバーベルセット 滑りにくい 重さ 調節可能 シェイプアップ マルチジム 筋トレ トレーニング フィットネス エクササイズ ダイエット ストレッチ

created by Rinker

上腕二頭筋を鍛えたいときはこちらのダンベルを使います。

アームカールなどをやると効果的です。

エニタイムフィットネスに再入会したときのデメリット②キャンペーンの適用外となる

再入会時の注意点として、キャンペーン適用外になることがあります。

 

キャンペーンってどんな内容なの?

キャンペーンの概要についてはこちらから!

私がエニタイムフィットネスに再入会したときの実体験をお話しますね。

 

私が再入会する際に注意点について下調べをすると、

再入会でもキャンペーンが適用されます!

みたいなことを書いてあるブログ記事を発見しました。

そんな記事を見た私はてっきりキャンペーンは適用されるものだと思っていました。

その記事はこちら

(よく読むと店舗に依るとの記載がありました・・・汗)

 

家を飛び出しエニタイムに駆け込んだ私は元気よく、

null
null

再入会したいんですよ〜

とエニタイムのスタッフに伝えました。

すると、

再入会の方はキャンペーン適用外になりますね〜

と言われました。

 

完全に落とし穴でした。

 

完全にキャンペーンが適用されると思ってルンルンだったのが一気にテンションガタ落ちです。

一度エニタイムを退会し再入会を考えている方はお気をつけください!

 

余談ですが、エニタイムに新規入会と偽って再入会したらバレるのか検証を試みました。

しかし、のちのち面倒なことになったら嫌だなと思い気が引けたので結局試していません(笑)

 

じつは、私はこの記事を書いたあとにまたエニタイムフィットネスを退会しました。

その理由はこちらで語っておりますのでご笑覧ください。