【予想問題付き】Pardotスペシャリスト試験合格体験記【2018年度】

営業・マーケティング

先日、Salesforce 認定 Pardot スペシャリストという資格をGETしました。

合格へのコツをお伝えできればと思います。

Salesforce 認定 Pardot スペシャリストとは?

Salesforce 認定 Pardot スペシャリスト試験では、

Pardot を使用して、マーケティング施策におけるワークフローを設計、構築、実装するための知識があることを認定します。

試験形態: 多肢選択式 PC 試験
受験方法: 試験会場での監督付き受験
出題数/制限時間: 60 問/ 90 分
合格ライン: 67% 以上の正答数
試験料: 20,000 円 (税抜)

Pardotスペシャリストはテストセンターなどで受験をします。

推奨講座は2つある?

現在、Salesforce社からはPardotに関連する講座が2つでています。

Pardot基礎

Pardotコンサルタント

 

結論からいうと、

「どちらの内容も試験にでます」

余裕がある方はどちらも受講すべきだと思います。

勉強方法とは?

Pardotの勉強方法は一般資格と異なっており、限られています。

主に、

・推奨講座を受ける

・海外のサイトで問題を探す

・過去問購入

などがあります。

推奨講座を受ける(Salesforce社提供)

Pardotの資格対策の講座がSalesforceにより行われています。

いわずもがな、受講した方がいいです。

 

私も実際に受講してみた身です。

感想としては「試験合格」より「どのように実務で使うか」という点に焦点が当てられていると感じました。

海外のサイトで問題を探す

https://quizlet.com/ja

 

こちらは海外のクイズまとめサイトのようなものです。

こちらのサイトで「pardot」と検索するといろいろ参考になる資料がヒットします。

 

Salesforceの資格試験自体は全世界で行われています。

実際に受験をした人が情報を記載してくれるのです。

問題も全世界で共通した部分が多いはずなので、こちらで得た情報をインプットしておくとよいと思います。

過去問購入

2019 最新PDT-101試験問題集、PDT-101過去問、PDT-101資格認定
JPshiken会社が提供するSalesforce Salesforce Pardot Specialist PDT-101試験集は正確率99%を達して、快速的に試験を合格し助けてあげ、なければ全額に返金すると保証します。信頼してくれましょう!

 

どうやら過去問も販売しているみたいです。

サイトの日本語がぎこちなく若干不安です。

こういうものを利用するのも手かもしれません。

参考:予想問題

私が受験した際に出題された問題をピックアップして作成してみました。

(かなりうろ覚えな部分があり、回答もあっているかは保証できません。)

また、Pardotを扱う上での超基礎用語も下記記事にまとめたのでご参照ください。