【NHKから国民を守る党】立花岳志のシウマイ騒動をまとめた

時事ネタ

昨今、NHKから国民を守る党の立花岳志氏が注目を浴びています。

そんな中、ツイッターを見ていると「立花はシウマイで神奈川県民を敵に回した」なる旨のツイートが飛び込んできました。

なんのことかと思い調べたので記事を書きました。

NHKから国民を守る党とは?

NHKから国民を守る党とは、日本の政党の1つです。

政策の1つとして「NHKのスクランブル化」を掲げており、要はNHKの受信料を払った人のみがNHKを視聴できるようにすべきだという主張をしています。

 

名前の通り、NHKの受信料制度について、多くの国民及び視聴者が真剣に考える機会を提供することを目的としているようです。

立花岳志とは?

立花 孝志(たちばな たかし)は、日本の政治家でありYouTuberです。

そして、NHKから国民を守る党の党首です。また、立花孝志ひとり放送局代表取締役。

千葉県船橋市議会議員、東京都葛飾区議会議員などを務めた。

元NHK職員であり、元パチプロであり。渡邉エージェンシー所属です。

 

驚いたことにもともとNHK職員なんですね。

NHKとも何回か裁判を起こしており、相当NHKに恨みを持っているのでしょう。

 

第25回参議院議員通常選挙の政見放送で「不倫ですよ。路上ですよ。カーセックスですよ。」と連呼した姿は記憶に新しい人も多いのではないか。

マツコとはなにが?

事のきっかけは7月29日放送のTOKYO MX『5時に夢中!』でした。

そこで、マツコ・デラックスが

「この人たちがこれだけの目的のために国政に出られたら、迷惑だしこれから何をしてくれるか判断しないと。今のままじゃ、ただ気持ち悪い人たち」

「ちょっと宗教的な感じもあると思う」

「(票数には)冷やかしもあって、ふざけて入れた人も相当数いるんだろうなと思う」

とNHKから国民を守る党について発言し、これに立花党首が激怒しました。

 

マツコ・デラックスが生出演中のTOKYO MXのスタジオ前まで訪れて、

「N国に投票してくれた有権者をバカにした発言は許しがたい」

「マツコ・デラックスをぶっ壊す!」

と怒りをあらわにし、反論する機会を求め番組出演も要望した。

シウマイ騒動は何事?

さて、本題のシウマイ騒動です。

 

今回は立花氏が不買運動を持ちかけました。

なぜなら、先述した「5時に夢中!」といった番組のスポンサーだからです。

 

しかし、この不買運動が横浜民の怒りを買いました。

 

怒りの訳は・・・

  • シウマイではなくシューマイと言ったから
  • 議員が一般企業を陥れるのはおかしい

などが原因らしいです。

 

食に対する恨みは恐ろしいなと思いました。