ブログの持つ2つの役割について考えてみる

未分類

本記事ではブログの持つ二面性(インプット/アウトプット)を再認識することで、

ブログ執筆のモチベーション向上を図ります。

 

まず、ブログの持つ2つの役割とは?

私はブログを、
・インプットとしての側面
・アウトプットとしての側面
の2つの役割を持つと考えています。

20160403205608

インプットとしてのブログ

情報をインプットする際、どのような経路があるでしょうか?

思いつくところを列挙してみます。

 

・テレビ
・新聞
・書籍

 

そして、ブログ。

 

これらを下記に挙げるの軸で評価したいと思います。

 

・信頼性(その経路から得る情報は信頼してよいか?)
・鮮度(その経路から得る情報は時代に即しているか?)
・専門性(その経路から得る情報の深さは?)

 

評価の結果がこちらです。
(主観コミコミです。)

スクリーンショット 2018-09-25 23.04.46

情報収集の目的によって適切な流入経路を選択すべきです。

例を下記に示します。

 

・流行りモノについて正確な情報を知りたい
▶テレビ、新聞
・趣味や興味関心があることを深く知りたい
▶書籍、ブログ

アウトプットとしてのブログ

 

「ブログを書く」という行動はアウトプットです。
そしてなにかをアウトプットをするとき、なにかがインプットされてなければなりません。
そのため、ブロガーは外に対するアンテナが敏感です。
アウトプットするための材料をインプットするためです。

 

この姿勢はブログに限らずビジネスにおいても大事なことだと思います。

 

継続的にブログで記事を執筆することは情報に対して積極的な姿勢になることに繋がります。
そしてその姿勢は一生モノの財産となります。

 

以上、ブログをはじめて2~3ヶ月目にして思ったことでした。