【実体験に基づく】TOEICのスコアを劇的に伸ばす方法

勉強法

TOEICのスコアが伸びなくて悩んでいる人いませんか?

以前私も同じ悩みを抱えてました。

人生で初めて受験した際のTOEICスコアは600前後でした。

それから2ヶ月勉強した結果、850前後までスコアを伸ばすことができました。

どのようにして短期間でそこまでスコアをあげられたのか?を共有します。

前提:TOEICのスコアと英語力は関係ない

私はある体験を通じて「TOEICのスコアと英語力はない」ということを痛感しました。

ここでお伝えしたいことは英語に苦手意識がある方でもTOEICスコアは伸ばせるということです。

「TOEICのスコアと英語力はない」ことを思い知った経験

戦術した通り、私はTOEICで850前後のスコアを取得しました。

そして、調子に乗りました。

「あ、自分は英語の才能があるんだ。」と。

 

そんな私が海外に行くことになりました。

海外ではこんな思いをしました。

 

 

null
null

「???現地人が何を話しているかわからないぞ???」

「話したい言葉があるのに英語が出てこないぞ???」

 

ここで伝えたいメッセージを語弊を恐れずに言うと、

TOEICのスコアをあげるために英語力は必要ない

ということです。

 

たとえば、あなたが国語の偏差値を上げたいと仮定します。

そうなると当然、数学ではなく国語の勉強をするはずです。

TOEICのスコアを上げるため際も同様で、”英語”の勉強ではなく”TOEIC”の勉強が大切なのです。

 

本段落では、英語とTOEICにおいて勉強法はがかなり違うということを認識してもらえればと思います。

では、何をすれば良いのか?

公式問題集をひたすらに解く

 

TOEICハイスコア取得への圧倒的近道は確実に「公式問題集」です。

何度でも言いたいくらい「公式問題集をやりこむこと」が大切です。

 

こちらの公式問題集は「公式」と名のつく通り、

TOEICの問題を作成している協会によって作成されています。

公式問題集の問題の出題は本番ソックリです。

 

そしてこちらの公式問題集を「何回も解く」ことを推奨しています。

 

「何回も解いてなんの意味があるのか?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、この公式問題集にある英文すべてを理解できればTOEICでは高得点が期待されます。

 

公式問題集を解く際に具体的に意識してほしいことは下記です。

 

・わからない単語をなくす。

・リスニングを流して一言一句聞き取れるまで繰り返しきく。

Reading力を鍛えるために

英文を読むには基本的に単語が最重要だと思っています。

 

単語は知っていて文法がわからなくても文章が読めることはあると思います。

例えば、

外国人が「今日で肉は食べたい」と言ったとしても

「今日は肉を食べたい」と言いたいのかな?と察することはできます。

 

しかし、単語の意味がわからないと文法がわかっていても文章が読めないことの方が多いのです。

だからこの単語帳でひたすら語彙力を高めることは重要です。

Listening力を鍛えるために

私がリスニング能力を鍛える上で最も効果的だと思うのは外国人と話すことです。

そこで、私が一時期通っていた英会話スクールを紹介します。

GABAマンツーマン英会話」です。

 

GABAマンツーマン英会話のいいところはこんなところです。

・インターネットから講義予約できるので柔軟に予定が組める。

・全国の教室どこでも通っていい。

・個人に適した授業をしてくれる。

・講師が基本外国人で英語がネイティブ。

 

「英会話教室は料金が高いしなぁ・・・。」と思うこともあるかと思います。

そんな方には「無料レッスン」に行くことをおすすめします。

そこでより詳細に実際の授業料やカリキュラムについて聞くことができます。

(正直、「無料」なので自分には合わないかなと思えばそこから行かなければいいだけの話なんです。)

他にも料金を抑えたいという方にはこちらもおすすめです。


レアジョブ英会話」です。
 特徴:料金が低い

まとめ

今回は自身の実体験を踏まえて、TOEICスコアの向上法を紹介しました。

少しでも参考になれば幸いです。