できる営業マンはなぜ肌の色が黒いのか?

営業・マーケティング

できる営業マンと言われると、どのようなイメージを思い浮かべますでしょうか?

スーツがピシッとしている、腕時計が高そう、靴がピカピカなどいろいろ挙げられると思います。

しかし、私は「肌が黒いこと」だと思っています。

本記事では「できる営業マンの肌は黒い」という仮設を立証していきたいと思います。

できる営業マンは肌が黒い?

できる営業マンは肌が黒いという噂があります。

それでは、実際どうなのか調べていきましょう。

〈検証方法〉
「〇〇(営業が有名な会社名) 営業マン」で調べる

営業マンの肌検証①プ○デンシャル生命

さっそく、大手保険会社を見てみます。

さっそくこちらの画像がヒット。

これは完全に黒です。

営業マンの肌検証②キー○ンス

大手製造業の会社です。

噂に依ると、30歳で家が建ち、40歳で墓が建つようですね。

そんな重労働をしているのであれば、肌は黒いはず。

 

早速見ていきましょう。

これは完全に黒です。

あと、スーツの着こなしが良いですね。

営業マンの肌検証③野○證券

営業会社といえば、ここでしょう。

ストレスで胃に穴が空いてからが一人前のようです。

 

では、早速見ていきましょう。

画像の加工がアレですけど、肌が黒いことがわかりますね。

営業マンの肌検証④オープ○ハウス

某不動産です。

実力次第で年収1,000万円!的なことを謳っています。

新卒はまず無給インターンとして雇用し、バチボコに詰めるらしいですね。

あくまで、噂です。

 

早速、調べてみました。

やはり黒いですね。

 

ここまで何人かの営業マンを見てきました。

共通していることとして「肌が黒い」ということを挙げることができます。

それに加え、「なんかいかつい」という特徴もありますね。

できる営業マンはなぜ肌が黒い?

さて、ではなぜこんなに営業マンは肌が黒いのか。

理由は大きく2つあるような気がします。

できる営業マンが肌が黒い理由①自然に焼ける

理由のひとつは「自然に焼ける」ことが挙げられるでしょう。

 

営業マンは常にオフィスの外に繰り出しては客先に訪問します。

電話やWebでの商談が増えてきてはいる世の中ですが、やはり直接訪問するのはなかなか根絶されないでしょう。

 

外を歩き回っていると完全に日光にさらされます。

そのため、肌が自然に焼けるのかもしれません。

 

また、営業マンはお客さんとのゴルフやBBQに行くことが少ないかもしれません。

そういった課外活動によって焼けてる可能性もありますね。

できる営業マンが肌が黒い理由②人工的に焼く

もう一つの理由として挙げられるのは「人工的に焼く」ということです。

世の中には日焼けサロンというものがあります。

 

そういった場所に足を運び、自身の肌を意図して黒くしている可能性があります。

日焼けの効果 ~肌黒営業マンのもたらす影響とは~

色にはそれぞれ与える印象があります。

例えば、白は

清潔さ、純粋さ、シンプル、爽快感を与える、神聖さ、平和の象徴、目新しさ、敗北感、無気力さ
です。
黒色が与える印象は
高級感、重厚感、スタイリッシュ、シンプル、圧倒的な存在感、暗さ、絶望、不安な気持ち、恐怖

です。

 

実は、日焼けして黒くなった肌は営業力に影響を及ぼしているのかもしれませんね。