【安全】フィリピンではGrab(グラブ)を使って移動しよう!

留学

先日フィリピンに海外留学することにしたという記事を書きました。

私は初めてひとりで海外に行く経験をしたのですが、不慣れな地だと交通手段も日本とは事情が異なるので困ります。

海外では電車は時間どおりに到着しなかったり、バスではスリが横行していたり・・・ということも耳に挟むのではないかと思います。

そこで、フォリ品では移動手段としてGrab(グラブ)を利用すべきです。

メリットや使い方をお伝えします!

Grab(グラブ)とは?

Grab(グラブ)とは、配車アプリの1つです。

スマホのGPS機能で自分の位置と最短距離にあるタクシー・ハイヤーを検索し、簡単に手配ができます。

 

海外では、タクシーでぼったくりにあったり電車・バスが複雑で利用しずらいというシーンがあると思います。

Grabを利用することでそのような海外でよく起こる交通トラブルを避けて移動ができます

Grab(グラブ)の使い方

事前準備

使用する前に登録をする必要があります。

FacebookもしくはGoogleのアカウントで簡易的に登録も可です。

 

電話番号を入力するとPINが送られてきます。

PINを入力して確認が終了すれば使用が可能となります。

Grab(グラブ)を使って実際に移動する

それでは実際にGrabを使用して移動してみましょう。

流れを次に示します。

現在地を入力する

Enter your location」に自分の位置を入力します。

デフォルトで入力される場合が多いですが、未入力となっている場合は入力しましょう。

行き先を入力する

I’m going to …」に行き先を入力します。

建物や住所の一部を入力すると候補の選択肢が現れます。

自分の行き先を選択しましょう。

ドライバー(運転手)が決定する

Yay, we found you a driver」とメッセージが出ます。

割り当てられたドライバーの顔写真と評価を確認しましょう。

あまりにも評価が低ければキャンセルした方が良いかもしれません。

車が到着するまで待つ

手配が完了したら車が到着するまで待ちましょう。

車の現在位置をマップ上で確認することができます。

また、到着までの残り時間も算出され、到着間際になったら通知されるので安心です。

到着したら乗る

予め車の車種や色、ナンバーを確認しておきましょう。

同じ特徴の車が来たら乗りましょう。

あとは到着するのを待つだけです。

支払い

到着したら支払いです。

事前にクレジットカードを登録している場合は特になにもせずに降車してOKです。

 

(ハイウェイに乗った場合は別途料金を求められる場合があります。)

まとめ

フィリピンでの移動はGrabがおすすめです!

安全にかつ正確に目的地に足を運ぶことができます。

 

運転手と会話は基本的にありません。

そのため、英語が苦手な方でも安心して使っていただけます。