富士通の大量リストラを見て考える今後の人生設計

時事ネタ

富士通で大規模なリストラが行われました。

このニュースを見て今後の生き方を考えます。

富士通で大規模リストラ

先日、ニュースでは富士通のリストラが大きく報道されました。

報道の内容はおおまかに内容は以下のとおりです。

富士通は近日中に発表する2019年4月1日付の組織改編と人事異動について、このほど社内に通達した。複数の富士通関係者によれば、4月1日付の組織・人事の骨子は次の4点である。

1. デジタルビジネスの本格化に対応する「次世代営業本部」を営業部門内に新設する

2. システムとサービス、プラットフォーム(ハードウエア製品)を担うテクノロジーソリューション部門にあるアシュアランス本部や品質保証関連組織を、社長直下の「品質保証本部」として統合し、塚野英博副社長(社長補佐・最高財務責任者兼アメリカリージョン長兼グローバルコーポレート部門長)が担当する

3. プラットフォームグループに5GやIoT(インターネット・オブ・シングズ)など新事業のクラウド展開に向けたビジネス企画・開発を担う「戦略企画本部」を新設する一方、「サービスオリエンテッドカンパニー」を掲げ始めた富士通におけるハード事業の今後の在り方を検討する「サーバー・ストレージ事業改革担当」と「ネットワーク事業改革担当」を置き、前者を河部本章執行役員専務、後者を松本端午執行役員常務が担当する

4. 2019年1月末に締め切った間接部門従業員の割り増し給付金付き早期退職を含めた今後のジョブ選択を45歳以上の富士通グループ全従業員に拡大する

 

ここでは4つ目の施策に注目です。

割り増し給付金付き早期退職を含めた今後のジョブ選択を45歳以上の富士通グループ全従業員に拡大する・・・?

ここで、早期退職制度について確認しておきましょう。

 

早期退職制度とは・・・

これは経営の立て直しや事業戦略の大きな転換を行う際に使用されやすい制度です。

業績悪化を背景に整理解雇を行うと従業員のモチベーションが顕著に下がるので、整理解雇を回避し自主的に退職者を募ります。早期希望退職制度を使って退職した場合には、退職金が割り増しされたり、再就職支援を受けられることがあります。

 

https://boxil.jp/beyond/a5202/

要は、遠回しの解雇(クビ)ですね。

今回は45歳以上が対象です。

若者がこのニュースを見て感じること

私はこのニュースを見て「決してひとごとではない」と感じます。

 

仮に自分がこの立場だと想像します。

 

数十年前だと、富士通に入社するときの心境は

就活大成功や。このまま一生メシ食えるで。

という具合でしょう。

 

そのまま、昇進して給与は増え、家庭も持つでしょう。

家庭を持つということは固定費が上がります。

そんななか、「リストラ」です。

 

怖すぎませんか?

 

私はそんな状況絶えられません。

今後をどう生きるか

日本はいままで終身雇用制度が当たりまえでした。

しかし、その神話が確実に崩壊しています。

 

今後はどのような生き方が求められるのか?

 

まず、第一に考えなければならないのは、

需要の高いスキルを磨く

ということでしょう。

 

現代だとエンジニア不足が叫ばれていますので、

プログラミングのスキルは価値が高まるでしょう。

 

その次に考えるべきは、

複業をする

ということでしょう。

 

今回のリストラのケースでも当てはまることですが、

問題は「収入源が1つしかないこと」です。

他に収入源があれば、おどおどする必要もないわけです。

 

株や競馬をやるときを考えてみてください。

100万あったとき1つの銘柄(馬)に全額注ぎますか?

分散させると思います。

これがリスクを軽減するひとつの手段です。

(ちなみに私は競馬やったことないので憶測で書いてます。)

 

なにが起こるかわからない将来に備え収益源を分散させることは有効だと思います。