【フィリピンマニラ】フィリピンは日本とここが違う【社会人留学】

留学

フィリピン・マニラで暮らしてみると日本と異なる点が多いと感じました。

自分のいる環境を抜け出すことで客観的に日本を見ることができました。

今回1週間だけですが、フィリピンに行っていろいろなことが日本とは異なると感じました。

日本とフィリピンの違い

フィリピン人はとにかく適当で明るい

フィリピンにいるとフィリピン人は「とにかく適当で明るい」と感じます。

 

留学しているとき、英語の授業中に講師はとにかく笑っていました。

休み時間中も突然歌いだしたりします。

日本の塾では考えられない光景です。

 

ショッピングモールに行ったときも同様です。

フィリピンの家電量販店ではよくカラオケ機材が売られています。

そこでは、なんと店員がその機材を利用して大声で歌いあげていました

製品の良さを伝えるセールスだと思いますが、日本ではありえないことです。

例えば、コ○マ電気の店員がそんなことをしたら即クビでしょう。

 

勤労は美徳である」と考える日本人とは対照的に、フィリピン人は仕事中も自由奔放です。

 

もちろんそれが必ずしも良いというわけではありません。

しかし、日本の店員はじめ労働者を見ると、

null
null

もう少し肩の力を抜いても良いのでは?

と感じます。

フィリピンと日本では賃金の差が大きい

レッスン中に講師と仕事とお金の話をしました。

 

講師によると、どうやらフィリピンでは「コールセンター」「教師」が高給取りのようです。

 

思い切って賃金について具体的にいくらくらいなのかを聞いてみました。

すると、

月に20000ペソもらえる人は超ラッキー。

フィリピン人の多くは10000ペソくらいが平均的な賃金。

とのことでした。

1ペソ=約2.2円なので、20000ペソは44000円、10000ペソは22000円です。

 

日本でアルバイトを少しすればフィリピンでは数ヶ月暮らせるということでしょうか。

日本のインフラは世界最高級レベル

フィリピンではすごい量の車が道路を行き来しています。

横断歩道に意味はなく、ひとつ道路を渡るのも困難です。

 

一方、日本では道路は基本的にキレイに整備されています。

信号も多く横断歩道に立つと止まってくれる車もたくさんいます

 

非常に恵まれていることだと感じました。

 

電車も日本は分単位の正確さで出発到着します。

日本の過剰ともいえるサービスの質の高さは海外と比べると目立つように思います。

 

治安においても同じことが言えます。

フィリピンをはじめ、発展途上国ではまだ多くの犯罪が起こっています。

日本の犯罪率は世界的に見ても低水準です。

まとめ

日本で生活していると当然嫌なことが目についたりします。

しかし、海外に足を運んでみると意外にも日本は恵まれている国であることに気づくことができます。

ときどき、日本を離れて日本を客観的に見ることも大切かもしれないと学びました。