【コンサルに勤務して感じた】ITコンサルとSIerの違いとは?

コンサルティング業界

「ITコンサルとSIerの違い」とはなんでしょうか?

こちらの質問は就活生や他業種の方からよくいただくことがあります。

この問いに対して自分なりの答えを出してみました。

ITコンサルとSIerの違いとは?

ITコンサルとSIerの違いとはなんでしょうか?

1つづつ見ていきましょう。

SIerは「システムをつくる」ITコンサルは「システムでなんかする」

結論としては、

どのように問題解決をするのか?(システムをつくるのかどうか?)

という点が最も異なると感じています。

 

どういうことか例を交えて解説します。

例えば、顧客企業が「売上が伸び悩んでいる」という問題を抱えているとします。

 

・ITコンサルの場合

目的を達成できるのであればどんなシステムでも良いという考え方を取る。

 

・SIerの場合

自社開発のシステムでクライアントの抱える課題を解決するというスタンスを取る。

 

null
null

正直SIerみたいなことをしているコンサルもあればコンサルみたいなことをしているSIerもいるというのが現実だと思います・・・。

 

念のため各業界について少しだけ触れておきましょう。

ITコンサルとは?

ITコンサルタントの仕事は、経営戦略に基づくIT戦略の策定、IT戦略に基づく各業務領域ごとのIT企画の立案、IT企画の推進・実行と、広範かつ上流から下流に渡る一気通貫な支援を行う仕事となります。

一言で言えば、「クライアント企業の課題解決を、ITを通じて支援する」のがミッションとなります。

ITコンサルタントとは?【分かりにくいITコンサル・転職情報を全網羅】|ITコンサルタント転職・社内SE転職のムービン
コンサル業界転職支援実績No.1のムービンでは無料で転職をサポートいたします。ITコンサルタントになるための必要なスキル、仕事内容、SEとの違いや、コンサルティング業界全般についてご紹介致します。

つまり、企業が抱える課題や問題をITという手段を通じて解決を図ります。

SIerとは?

SIerとは「システムを構築する会社のこと」です。

SIerとは?SEとの違いや業界の事情をやさしく紹介!
「SIer(エスアイアー)」って難しそうな用語に感じますよね。でもご安心ください。筆者はSIerに7年在籍してきたため、就職・転職で理解すべき知識が何かを熟知しています。SIerとは「システムを構築す

こちらも企業が抱える課題や問題をITという手段を用いて解決します。

しかし、「システムをつくること」が基本的な前提となっています。

 

要は問題解決の手段であるITの種類の違いであって、それは「自社で手を入れたものかどうか?」だと思います。

SIerは自社が手を入れたシステムで問題解決を図りますが、ITコンサルは問題解決できるならどのITでも良いのです。

どちらに就職するのがよいのだろうか?

どちらの業界に就職すべきなのかをあらゆる観点から考えてみました。

給与面から考える

給与を考えるのであれば「ITコンサル」だと思っています。

調べていただくとだいたいいろいろなところの年収情報は出てきますので、

「ITコンサル」のほうが基本的に高いことがわかります。

 

また、構造的にもITコンサルのほうが年収が高くなることが多いです。

なぜならばそれはコンサルティング会社がより上流工程に位置するからです。

逆に言うと、SIerは1次請け、2次請けと下請けになっていることが多いです。

つまり最初にマージンを最もとれるコンサル会社の給料が高くなるのは自然なことです。

スキル面から考える

汎用的なスキルを身に着けたいのであれば、ITコンサル。

専門的なスキルを身に着けたいのであれば、SIerだと思っています。

 

ITコンサルではシステムに関連した知識をつけるだけでなく、

経営戦略、会計、マーケティングなどの知識が求められる場面もあります。

なぜなら、システム導入以前に経営課題を特定し、その解決をシステムに落とし込むということをするからです。

 

SIerではより深くシステムの知識をつけることができます。

職種にもよりますが、プログラミング言語を習得するチャンスなどは

コンサルよりも高いはずです。

 

どちらも違う良さがありますが、将来的に独立等しやすい業界であることには間違いないと思っています。


しかしどちらの業界も未来は明るくない

ITコンサルもSIerもどちらも将来は明るくないと思っています。

事実として、日本の大手SIerは経営不振に陥っていたり大量に人切りをしています。

 

いままで日本の多くの企業はシステムのことは外注で済ませてました。

しかし、今後は自社のシステム部を強化してより効率化を図らなければ生きていけないということに気づき始めています。

そのため、SIerも徐々に受注が減っていくような気がしています。

 

就職するなら自社で売れそうなシステム(サービス)を販売しているIT企業が良いですね。

参考文献

業界研究をするのであれば下記書籍等おすすめです。

最新 コンサルティング業界大研究 [ ジョブウェブ コンサルティングファーム研究会 ]

created by Rinker