ビラ配りをする上で知っておきたいコツをまとめた

仕事術

「ビラ配り」という仕事は地味で大変そうに見える仕事のうちの1つかもしれません。

しかし、考え方を変えればクリエイティブで面白い仕事とも捉えることができます。

本記事ではビラ配りのコツとビラ配りをすることで得られるスキルをまとめました。

ビラ配りのコツ

ビラ配りも実はいくつかコツがあったりします。

そのコツを知らなければあまりビラを受け取ってもらえずモチベーションが下がりの負のスパイラルにハマります。

それではビラ配りをする上で気をつけたいことを見ていきましょう。

ビラ配りにおける先制攻撃「視線を送る」

ビラ配りをする際は「視線を送る」ということが大切です。

 

まず、「ビラ配り」はコミュニケーションのひとつです。

コミュニケーションをする際は相手の目を見ることが基本です。

相手の目を見ることで自分という存在を訴えます。

さらには、目が合うということは意識が自分に向いておりビラを受け取ってもらえる確立が上がっていることがあります。

 

とても根性論に聞こえますが、やはり目にはなにかパワーが宿っている気がします。

反対に自分が受け取る側になってときを想像してみてください。

  • うつむいてビラを配っている人
  • 自分の方を向いてビラを配っている人

どちらからビラを受け取りたいかは言わずもがなです。

「相手の目線」を考える

ここでもやはり視線の話です。

よくあるのはなんのビラを配っているのか相手に見えないということです。

それはあまりにもったいないです。

 

その原因としては、

  • ビラが逆さまになっている
  • ビラが相手の視界にない

といったことが考えられます。

そのため、気をつけるとことは「相手から見てしっかりビラが見える位置」にそっと差し出すことです。

メッセージは「相手が知りたいことを端的に」を心がける

ビラを配るときは大概なにか声をかけながら配ることかと思います。

そのときは「そのビラはなんなのか」「そのビラを配っている目的はなにか」を端的に伝えてあげることが大切です。

 

例えば、地域最安値のフィットネスジムの宣伝としてビラ配りをするとします。

「〇〇ジムです~」ではなく、「地域で最安値の〇〇ジムです~」や「この✕✕市にフィットネスジムが新規オープンします!」など相手の興味がありそうなことを一言添えるのが良いでしょう。

相手の受け取る時間を長くする

私はビラ配りをされるとき、「気になって取ろうとしたのにあっちが手を引っこめてしまった経験」があります。

できるかぎり相手の受け取る時間を長くすることは大切です。

 

つまり、相手の歩調に合わせて少しついて行ったりするということです。

もしくは、ビラを相手の体に合わせて動かします。

 

そうすると受け取ってもらえる可能性は高くなります。

まとめ

ビラ配りは大変な仕事です。

しかし、ビラ配りを極めるということは「相手のニーズを察知し適切に情報を供給できる」という能力が育まれます。

その能力は極めて汎用性が高く価値のあるものです。

 

一度はこういった泥臭い仕事をすることも必要かもしれません。