Amazonのレビューを書く副業とは?【中国のマーケティング】

転売

世の中には数多くの副業が存在します。

中でも「Amazonのレビューを書く」という副業があることを最近知りました。

どういう仕組みになっているのかご説明します。

レビュワーを募集している商品を探す

レビュワーとは「商品に対してレビューを書く人」を意味します。

実は、ノーブランドの商品を出品している業者はレビュワーを募集しているんです。

なぜか?

それは、ノーブランドは文字通りブランド(=「信用」)がないためです。

「信用がない」とは、「”果たしてこの商品を買っても大丈夫だろうか?”と思われる状態」のことです。

そこで、ブランドに代替される信用を獲得する手段が「レビュー数」です。

 

みなさんも「この商品よく知らないけど良いレビューがたくさんついてるし大丈夫だろう」と思い購入したことありませんか?

これはまさに業者が評価の高いレビューを購入し、よりよい商品に見せようとしているだけなのです。

 

副業の話に戻すとこの「レビューをかくこと」が報酬につながります。

そしてそのレビュワーを募集しているコミュニティが世の中には存在しているので、

出品者と連絡をとることになります。

このコミュニティは多くの場合、Facebookのグループなどが多いです。

商品を購入しレビューを書く

出品者(レビュワー募集者)と連絡を取ったら、扱っている商品を購入します。

商品到着後はレビューを書きます。

 

レビューは書くとAmazonの検閲が入ります。

検閲を突破し、反映されると商品の代金が返金されます。

(この際の条件は業者によって様々です。)

 

つまり、無料で商品を手に入れたというわけです。

商品を売る

さて、この商品を今度は違うプラットフォームで出品します。

 

例えば、「メルカリ」などです。

ノーブランドであっても意外と売れるようです。

 

これで得た売上がそのまま収益となるというわけです。

おまけ

このレビュー戦法は中国では大ブームらしいです。

そのため、「レビュワーを集める」ということを代行している企業もあるみたいです。