「会社は3年なんて続けなくていい」って本当?

キャリア(就職・転職)
最近、フリーランスブームなのか新卒入社後すぐに会社を辞める人が多い気がしています。
(そういう人が情報発信をするからそう見えるだけかもしれませんが。)
そこで最近よく見かける「会社は3年も続ける必要ナシ☆」みたいな風潮に物申します。

元人材業界出身が語る会社を3年以内に辞めるデメリット

結論からいうとデメリットは「転職が難しくなる」ことです。
より正確にいうと「一部の企業において転職が難しくなる」ということです。
なぜなら、企業によっては裏の選考基準として「離職歴」を軸として設定している場合があるからです。
もし転職したい企業がある場合は「会社はすぐにやめること」が足枷になる場合があります。

しかし一方で会社に囚われる必要もない

一方で辛ければすぐに会社を辞めるという選択には同意します。
なぜなら、つらい環境下で頑張り続けて体や心を壊してしまったらもとも子もないからです。
より人生にするのであれば会社に囚われる必要はないと思っています。
とは言えどなぜ多くの人がこんなにもつらい思いをしながら働いているのか?
それはひとえに「生活がかかっているから」という要因が大きいと思っています。
逆に言えば、安定した収入さえあればなにからにもとらわれない自由な生活ができるのではないでしょうか。
null
null

ホリエモンなどがベーシックインカムの必要性を訴えていますね

ベーシックインカムとは・・・
最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を定期的に支給するという政策。
そういった考えがあるから現在「副業元年」と呼ばれるほどに
副業が流行っているのだと思っています。

とはいっても会社にいることのメリット

とはいえど会社にいることにメリットはあります。

それは主に、

・多くのことを学べる

・個人では携われない規模の大きいプロジェクト・事業に関われる

です。

多くのことを学べる

会社では研修から現場まで学ぶ機会にあふれています。

ビジネスモデル、営業手法、ノウハウ、専門知識を学ぶにはうってつけの場所だと思います。

個人では携われない規模の大きいプロジェクト・事業に関われる

どうしてもフリーランスや個人事業主では携わりにくいプロジェクトはあると思います。

会社の資本力や規模に乗じて壮大な事業に携われるのもメリットだと思っています。

まとめ

会社を3年以内に辞めるかどうかについてはあたりまえですが、
その人次第
だといえます。
3年以内に会社を辞めるともちろん履歴書にも反映されるので転職が難しくなる一面も当然あります。
しかし、自分の収益源があって「辞めても大丈夫」という人は辞めてもいいかもしれません。
最近流行っている「会社なんか辞めても大丈夫」という風潮に流されず自分の将来像や現状をよく考えてから決定することが大切だと思います。